ズワイガニとタラバガニ

冬の味覚の王様
冬の味覚の王様

冬の味覚の王様

通販のサイトでも好みが分かれるそれぞれ味わいのあるズワイガニとタラバガニ。どちらか片方だけなんて決められない!そんなふうな人にはセットで売りに出されている特別商品というのはいかがですか。
「日本海産は贅沢品」、「日本海産は味に深みがある」という心象を持っているのは確かですが、北米カナダの沿岸海域、北海道とつながりのあるオホーツク海、太平洋で最も北にある緑海のベーリング海もズワイガニとしては「生息しやすい場所」であるということです。
ファンも多いタラバガニが尻尾を巻くボリューム感と、タラバでは太刀打ちできないようなコク豊かな味覚にこだわる方には何といっても絶賛していただけるのが、あの根室で獲れる花咲ガニしかありません!
前は旬のズワイガニを通信販売で入手するというようなことは一般的ではなかったはずです。これというのも、インターネットが広まったことも後押ししているからと考えられます。
コクのあるタラバガニを召し上がっていただくためには、何れの専門店にするかが大事です。カニを茹でる順序は難儀を伴うので、かに専門店のベテランの職人さんがボイルを行ったカニを頂きたいと考えます。
至高のカニと言われることもある風味豊かな花咲ガニ。よしあし明白になる個性的なカニではありますが、引かれるものがあれば一回、本当に手を出してみたらいかがでしょうか。
北海道産の毛ガニというのは他にはないほど味わい深いカニ味噌が絶妙な味を生み出します。極寒の環境で育まれたものは身の入り方が違ってくるのです。やはり北海道から質が良くて低価品を原産地から宅配なら通販をおすすめします。
味わうためのズワイガニは雄と雌で寸法が違っており、雌は大体いつでも卵を抱いている様態なので、水揚げが盛んである港の漁業関係者の間では雄と雌を別々の物という事で扱っていると考えられます。
質の良いタラバガニを分別する方法は、殻がかちかちなタイプや重量や厚みを感じられる種類が身が豊富に入っていると言えます。良いきっかけがあった際には、調べるとよいと思います。
漁期に制限が設けられているので、ズワイガニの旬となっているタイミングは普通は11月~1月にかけてで、時間的にもギフトや、おせちの原材料として重宝されていると言っていいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る